ひむかの考える医療

ひむかの考える医療

医療の主人公は「患者さん」です

 少しでも多くの患者さんに健康と笑顔を、真心に包んで提供していきたいと思っています。患者さんの元気な笑顔こそが、われわれの最大の報酬なのです。
  私たちは、どうしたら相手が良くなってくれるだろうと常に想いながら、いつも相手に喜んでもらうことを考えて行動しています。どの仕事上でもこの考えは変わりません。

 「我々は、病気になってしまった人に、心身ともに健全になってもらうためにこれと全力で戦い、病気になりかかっている人には、未然にこれを予防し、健康な人には、病気の辛さや苦しさ、健康であることの有難さを啓蒙することで、社会に貢献する。」ことを理念としています。

医療の主人公は患者さんです

「ウエルケアー」はひむかの考える医療を実現するためのひとつの提案です

 ウエルケアーとは、「良い医療」「快適な医療」等の意味が込められています。医療モール「医療の森 池田」、「ウエルケアー千里中央」は、ひむかの考える医療を実現するためのひとつの提案です。

患者を治すための仕組み